更新しました

健康系サイトへのリンク

原発関係の本

3人のつぶやき



放射能対策 食品

2011年9月24日 (土)

ろ過システムを調べてみる

ろ過装置による放射性物質の除去は可能、と教えていただきました。
早速、先日問合せした企業さまが行っている浄水ろ過装置について調べてみました。
いろいろなサイトや、コメントから飛んだサイト(ややこしや~)から抜粋してあります。
間違いなどありましたら、教えていただけるとありがたいです。
 

●それぞれのシステムはどんなものを除去できるのか? 

①セラミック・・・浄水微細な固形物、バクテリア、ゴミ等を除去。 
②活性炭ろ過・・・塩素を除去し有機物を吸着・除去。
③逆浸透膜ろ過 ・・・水中に存在する有機化合物を98%以上除去。
④イオン交換電気脱イオン装置・・・鉛を始めとする重金属を除去。 

------------ここからは放射性物質の除去実験------------------------

震災関連情報ホームページ の「福島第一原発事故によって汚染された雨水中
放射性ヨウ素及び放射性セシウムの除去に関する中間報告書」より抜粋しました。


● 市販浄水器による非放射性 I3-(ヨウ素)の除去実験:汚染雨水使用 
ブリタNavelia(活性炭+イオン交換樹脂)での 除去率は98%。
つまり非放射性ヨウ素の除去率が98%という結果は、放射性ヨウ素であっても活性炭を
持つ市販の浄水器を用いることによって高い効率で除去可能であることを示唆している。 
(活性炭+イオン交換樹脂)のろ過材を使う市販の浄水器でも放射性ヨウ素は
ほとんど除去できるってことか?(・x・。)? 

●イオン交換樹脂による雨水中の(131I+134Cs+137Cs)除去率は73%。
イオン交換樹脂だけでもヨウ素・セシウムがかなり除去できる?へえ~(・ロ・)ホホー  

 

-----なにやら頭も記事もごちゃごちゃになってきたので、まとめ的実験結果------

●表8 市販の浄水器による繰り返し浄化による除去効果(1回目だけ書き出し) 

B:東レトレビーノ PT302 (粒状活性炭+イオン交換)     
C:ブリタ(ドイツ)  Navelia (活性炭+イオン交換樹) 
D:三菱レイヨン クリンスイ CP002(中空糸膜(ポリエチレン)、セラミック、活性炭) 
E:パナソニック  TK-CP1(活性炭+セラミック+中空糸膜,硫酸カルシウム)

 

① 131I の除去率
(ポット型浄水器)      ( 試料)      (ヨウ素131除去率)
  

     B                日立市雨水+水道              70%
                     福島県の雨水                     98%
 

   C           福島県の雨水 1st        83%
                福島県の雨水 2nd         79%

   D           福島県の雨水          97%

   F           福島県の雨水            94%

 

② 137Cs の除去率
(ポット型浄水器)      ( 試料)      (セシウム137除去率)

   B           福島県の雨水           84% 

   D           福島県の雨水           93% 

   E           福島県の雨水           90%

 

③ 134Cs の除去率 
(ポット型浄水器)      ( 試料)        (セシウム134除去率) 

   B           福島県の雨水           78% 

   E           福島県の雨水           88% 

 

※回数を重ねるごとに、ほとんどの装置での除去率はアップしています。 

(オマケ)ろ過ではないけど関心があったところ 
表3 「採水場所、種類、採水日時、採水時の放射能能度、及び放射能比」ではいくつか
の地域の雨水などに含まれる放射性物質の種類・ベクレル数がわかります。
やっぱり雨には濡れるのは危険なんだなあ・・と再確認。(´ヘ`;)ウーム 

------------------------報告書ここまで--------------------------------

報告書には逆浸透膜装置の記載が見当たらなかったので、別サイトで調べました。 

●逆浸透膜について 
ROシステムでろ過して水(RO水)を作っている会社が公式に、理論上は放射性物質の
除去が出来ていると公式見解を述べていますし、実際に測定調査を行い、放射性物質
が含まれていないことが判明したそうです。 

「逆浸透現象とは」
一方に食塩水を、もう一方に真水を入れ、生物の細胞膜に近い半透膜で両者を 
仕切ると真水から海水へ水の移動が起こります。これを浸透と言います。
身近な例を上げれば、漬物の塩が野菜の水分を引き出すことに相当します。
(野菜の水分が細胞膜を通して、塩に向かって出て行く現象)
逆浸透とは、海水中の水が膜を通って真水側に移る現象です。
この逆浸透を起こすためには、海水側に浸透圧以上の圧力をかける必要があり、
それにより海水から真水が得られます。
素人から見ると、このROシステムが最強のような?どうなんでしょ?(・ε・?  

という結論にたどり着いたのですが、コメント欄にてこんなことを教えていただきました。
「逆浸透膜は何かのブログで"3ヶ結合した水素核種"は異物と見なされずスルーされて
しまうと見た事があります。」えっΣ( ゜ロ゜) 事実はいかに~??
 
 

日本の食品汚染の現実by稀

私が子ども未来・愛のブログで書いた記事のコピペです。


海外では日本の食料汚染の隠蔽が「犯罪レベル」であると報道されているようです。
知らないのは日本でテレビから情報を得ている人たちだけです。

以下はマイミクさんに教えてもらった記事。どうぞ。


---------------------------------------------------------

東北文教大松田浩平教授:国の暫定基準値の500Bq/Kgは全面核戦争時の食物の汚染上限


【食料生産者の皆さんへ】国の暫定基準値の500Bq/Kgは全面核戦争に陥った場合に餓死を避けるためにやむを得ず口にする食物の汚染上限です。もしも放射性セシウム137が500Bq /Kgも含まれた食品を3年食べたら致死量に達します。全てが基準値ぎりぎりではないとしても重複内部被曝を考えれば政府の暫定基準値では10年後に半数以上の国民が致死量以上に内部被曝する可能性が95%を超えます。つまり暫定基準500Bq/Kg未満で安全宣言すると言うことは、その食品を食べた人が 10年後に半数は死亡してもかまわないと言っているのと同じだと言うことを忘れないでください。

追記、500Bq/Kgでやむを得ず食べる場合の期間は3ヶ月とされています。全面核戦争で食べ物がない場合の基準が規定の2倍の期間も放置されています。

---------------------------------------------------------

以上転載。

もうすでに、500Bq/Kgの暫定基準値になってから半年が過ぎています。
そして、この基準値さえ超えた食品が、
ザルの目をくぐり、全国へ出回っています。

スーパーに食品を買いに行っても、ベクレル表示がないため、
結果的に、西日本のものを買う。

もしかしたら、買うのを避けている野菜達にも安全なものはあるのかもしれません。
また、安全だと思って買っているものが、汚染されている可能性もあるのです。

ですが、それを判断する術は、今はないのです。
安全なのに食べてもらえない野菜達、それこそが風評被害かと思います。

国が思い切って、全ての食品にベクレル表示を義務付けたら、
風評被害はなくなるのかもしれません。

でも、今の政府は隠すことに躍起になっています。

では、どうやって自分や家族を守っていくのか?
自分達で食品や腐葉土など、測っていくしかない。

放射能なんでも調べ隊は、そんな想いから生まれたものです。

ご賛同いただける方を募集しています。
よろしくお願いいたします。

また、農家の方などで、堆肥や腐葉土に不安をお持ちの方がいらっしゃいましたら、
子ども未来・愛ネットワークまでご連絡をいただけたらと思います。
ガイガーカウンターを持って、測定に参ります。

どうぞよろしくお願いいたします。

2011年9月 4日 (日)

生きている味噌の選び方

前回のレシピ記事ですが、ただの料理コーナーになってしまっていたようで(;´Д`A
放射能対策として、野菜や発酵食品は抵抗力・免疫力を上げるので積極的に摂った
ほうが良いとのことなので記事にしたのです。(海草も良いそう)
でも「体に良い」と書くだけでは普通に健康ブログですよね・・・。 

肥田舜太郎(ひだ・しゅんたろう)先生は、広島原爆の際に被爆者救援にあたっていた
お医者さんです。肥田先生は、玄米・みそ・天然塩を勧めています。
そんなわけで、ウチも毎日味噌汁を作ろうと思い立ちました。(夏は暑いので休止)
ずっと使っているのは、ダシ入りの最安値の味噌・・・。
いくらなんでもこれでは有効菌が生きてないだろうよ。
早速、生きた味噌を買いにレッツラゴー!
あらあら・・・原料っていろいろあるね。ど、どれが良い味噌?高いやつ??
30分ほど味噌の前で悩んだんですが、買わずに帰宅(笑)
で、モソモソと調べてみました。 

http://www.misosiru-angya.com/miso/miso.html(味噌にはどんな種類があるのだろう) 

●原材料の欄に、米味噌で言えば大豆、米、食塩のみの記述のものが望ましいでしょう。
●天然醸造とあるものは、発酵、熟成が人の手によるものではなく、自然に作られた物
  だということですので、この表示のあるものを選ぶといいでしょう。

なるほど!これを参考に、お手ごろ価格で安全そうな物を買ってみました。
う~ん、思い切ってお高いのが良かったかな?どうなのかな?(-"- )
ま、とりあえず毎日生きた菌を摂取していきましょう! 

----------------------------------------------------------------------

素朴な疑問ですが、塩分の摂りすぎは体に悪いって思ってきましたよね?ね?
減塩味噌汁とか減塩醤油とかいうものもありますしね。でも肥田先生は、被曝した人に
塩辛いおにぎりと味噌汁を食べるようにおっしゃったそうです。
真実は何なのか考えないまま、メディアを信じて生きてきたのかもなー。


 

無料ブログはココログ