更新しました

健康系サイトへのリンク

原発関係の本

3人のつぶやき



« ものぐさ主婦のレシピ手帳(副菜編) byネクタリーナ | トップページ | 津山から無料バスが出ます! »

2011年9月 4日 (日)

生きている味噌の選び方

前回のレシピ記事ですが、ただの料理コーナーになってしまっていたようで(;´Д`A
放射能対策として、野菜や発酵食品は抵抗力・免疫力を上げるので積極的に摂った
ほうが良いとのことなので記事にしたのです。(海草も良いそう)
でも「体に良い」と書くだけでは普通に健康ブログですよね・・・。 

肥田舜太郎(ひだ・しゅんたろう)先生は、広島原爆の際に被爆者救援にあたっていた
お医者さんです。肥田先生は、玄米・みそ・天然塩を勧めています。
そんなわけで、ウチも毎日味噌汁を作ろうと思い立ちました。(夏は暑いので休止)
ずっと使っているのは、ダシ入りの最安値の味噌・・・。
いくらなんでもこれでは有効菌が生きてないだろうよ。
早速、生きた味噌を買いにレッツラゴー!
あらあら・・・原料っていろいろあるね。ど、どれが良い味噌?高いやつ??
30分ほど味噌の前で悩んだんですが、買わずに帰宅(笑)
で、モソモソと調べてみました。 

http://www.misosiru-angya.com/miso/miso.html(味噌にはどんな種類があるのだろう) 

●原材料の欄に、米味噌で言えば大豆、米、食塩のみの記述のものが望ましいでしょう。
●天然醸造とあるものは、発酵、熟成が人の手によるものではなく、自然に作られた物
  だということですので、この表示のあるものを選ぶといいでしょう。

なるほど!これを参考に、お手ごろ価格で安全そうな物を買ってみました。
う~ん、思い切ってお高いのが良かったかな?どうなのかな?(-"- )
ま、とりあえず毎日生きた菌を摂取していきましょう! 

----------------------------------------------------------------------

素朴な疑問ですが、塩分の摂りすぎは体に悪いって思ってきましたよね?ね?
減塩味噌汁とか減塩醤油とかいうものもありますしね。でも肥田先生は、被曝した人に
塩辛いおにぎりと味噌汁を食べるようにおっしゃったそうです。
真実は何なのか考えないまま、メディアを信じて生きてきたのかもなー。


 

« ものぐさ主婦のレシピ手帳(副菜編) byネクタリーナ | トップページ | 津山から無料バスが出ます! »

放射能対策 食品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1537441/41468159

この記事へのトラックバック一覧です: 生きている味噌の選び方:

« ものぐさ主婦のレシピ手帳(副菜編) byネクタリーナ | トップページ | 津山から無料バスが出ます! »

無料ブログはココログ