更新しました

健康系サイトへのリンク

原発関係の本

3人のつぶやき



« ろ過システムを調べてみる | トップページ | アクション企画「原発いらない福島の女たち」 »

2011年9月25日 (日)

夫の理解がない・無関心と思う奥様達へ

20代後半~40前くらいのバリバリ働きパパ世代の活動が少ないことについて。
パパ世代代表の林田さんが、ツイッターで呟いていた。

とても参考になるので、読んでみてほしい。

そして、その呟きを見てネクタリーナ(以降ネク子)が林田さんに質問をしました。

これまた参考になるかと思い、勝手に記事にしちゃいました(笑)

ツイッターの性質上、話は細切れになっています。
また、ネク子は早い段階で質問をしましたが、
途中に質問を入れてしまうとややこしかったので、そこだけ順番を変えています。

あとはそのままコピペです。


-------------------------------------
林田さん:
さようなら原発集会 6万でスゴイ人だったけど…
20代後半~40前くらいのバリバリ働きパパ世代(つまり俺と同世代パパ)ホント---に少ない!
今日の数の多さは心あるおじいちゃん、おばあちゃん世代に頼った数と言わざるを得ない実感。
一番情報は知ってるはずのパパ世代どうしたのだ?

どうしてもはずせない仕事があった人ー正直仕方ないと思う。
だけど震災後、原発事故後、「仕事」を一度もやりくりせず行動も何もしていない人が多すぎではないか?
仕事も投げ打って支援などやっている方がいる一方、何もしてない人多いはず

正直これからの未来を「何より安全に」という意識は3~40代男には薄いと感じざるを得なかった。
きっと多くの人が仕事でしがらみを抱えているし、行動もせず、大きなものと闘う気力を失っているのではないか

命を守りたいという気持ちは女性の方がやはり強いと思わざるをえなかった。
こどもが心配な奥さん、今日もその他の日も、反原発のムーブメントや何かが出来る時があるのに、
家で無為に過ごしているダンナの姿がなかったか?

私(36)と同じ日々仕事に忙しくも子供を思う父親の方々…
思うだけで良い方向に何かを変えようとすることを面倒くさがっていないだろうか。
仕事は本当に真剣勝負だし闘うし消耗する。
でももう一歩ふんばらないといかんではないか

家族が目にしない職場での仕事はどんな仕事も本当に真剣勝負
(批判を生むかもしれないがその厳しさは恐らく自分しかわからない。そして毎日本当に闘う)
だからそこに「余計」とも思える要素=放射能は持ち込みたくないのが本音だ

だけど人類が経験したことがない命の危機が起きている。
そのうえで「仕事」って何かを思うべき…
楽しく生きるため(その金を稼ぐために・あるいは仕事で得られる感激を追求するため)では。
その楽しさ、子が被ばくしてても本物か?

僕も震災後・原発事故後、大切と思われるイベントを仕事を優先して見送った。
だけど数ヶ月に1回はせめて“ここは”というとこはやりくろうと思いそうした。
そうしないと仕事はずーっと全てに優先し一年中仕事になる。
何せお金の元だ

仕事はお金の元で人によってはかけがえのない生き甲斐だ(それは個人的にイイコトだと思う)
だが、かけがえのないものの前提は崩れた
(崩れようとしているのでなく崩れた。まだ何とかと思うのは日本だけの考えで世界はそうじゃない)

仕事のやりがい・生き甲斐の前提が崩れたのだから、社会にそれを問い直さないと
寿命の30年くらいなんてあっという間につまんないまますぎるのではないか?
30年後「あんなに頑張ったのに」と後悔するのではないか

旧来の前提に頼った「仕事を頑張る」が生む後悔は、放射線が敵の今回はこと深い。
仕事を頑張ったのに早くしてガン、頑張ったのに子供が恋や部活や「将来の夢を描く」
ということができないことが起こりうるかもしれないのだ。気づこう

仕事はイキイキと人生を送ろうと思った結果たまたまある(それは大きなたまたまだ)
でも俺らも俺らの子もイキイキと生きるために生まれてきたんだ。
そのための仕事をやるのに面倒な闘いをしたっていいじゃん。
本当に人生一度しかないんだ


ネク子:
その世代の男は放射能関係から逃げてるんだと思うんです。
夫が理解がない・無関心という妻の声がすごく多い。
ウチの夫もその中に入ります。
なぜ現実をみないのか、世の夫たちに聞きたいです。


林田さん:
でもさっきツイートしたのにかぶるのですが、3,40代の働き盛り。
自分を思うと仕事の深みも分かって楽しい・やりがい感じる時。経験もひとしきり積んだ。
そこに突然の「放射能」は余計と感じると思うのです。
それをないものと思えば仕事もスムーズ、評価も収入もつく

その「収入」って下働きの数年かけてつかんだものだから余計な放射能がくると
「何で俺の時に?」とおもっちゃう


ネク子:
それで話を振ると怒ったりするんですかね?怒っても現実は変わらないわけで。
子供のいる人なんかだと危険を承知で無視している??
やっぱり理解できませんね~。

あまりにも多くの奥さんたちが「逃げたいのに夫が承知しない」というのを見てきたので、
それがなぜなのか聞いてみたかったんですよね。


林田さん:
怒る、となると、(放射能うんぬんがないときでも)
俺がどんだけ色んな事頑張ってるのか知ってるのか!という気持ちがあると思う。
おまえおれの日頃の苦労知らないでそんなこと言ってるだろ、みたいな。
夫を2日間すごくほめ感謝してから、言いたいことを言うとか!?


ネク子:
あ、するどい!!仕事がものすごく精神的にキツイんですよ。で、同じことを言われたことがある。
さすがの観察眼?です!


林田さん:
マジで男は変な人間たちの中で結果出すよう頑張ってるんですよ~
で、妻に言ってネガティブな気持ちを与えちゃいけないとグッと飲み込んで帰るってことはありますよ。
そこを言わずもがなで妻が2日間フォローしてきたら 言うこときくでしょw


ネク子:
うん、変な人だらけらしいです(笑)仕事がキツイのはわかってるが、放射能話したのが悪いのか。
悪いだろうけど、でも大事な話をできんというのがすごくイヤなんですよ。命に関わる話ですもん。
あーもう、めんどくさいなあ・・(笑


林田さん:
なるほどなるほど。
なんかある意味ダイレクトに、私が60才になったとき何してたいみたいな話題がよいのか?
相手は「オゥおめえ何をいきなり深いことを」的会話から、時間かけ放射線のことに移行…
そこで「私の人生の願いはね!」と大きく出て放射線いってみる

男は女の気持ちがわかりません…ちょっとでもわかれたらと思って30数年…が本音。
批判あるかと思いながらも「命」に対する意識は女性の深さを感じざるを得ない
(女性は結婚関係なくそれを意識し、男性は結婚しようと意識は薄いと実感)
男は女性を安心させたいのかなぁ

なんでしょうね、強くありたいから、放射線みたいな未知のものが出ると男はとまどうのか。
要はホメゴロシですよ。あんたはすごい死ぬほど惚れた(と2日間洗脳して)
そんなほれたあなたに相談。放射線の話題。いいかも!?(2日48時間のガマン)


ネク子:
基本は褒め殺しなんですね。なるほどね・・・
恋の駆け引き♪とかモテるしぐさ♪
とか全くしてない人生なので、そういうのがわたしに欠けているのかも。
あれ、ちょっと違う?(笑)


林田さん:
だいぶ違う(笑い)てのは冗談。
男はどうなっても女に モテる姿になるのが根本のような気がするから、
時代は女性がリードするんだと思いますよ。マジで。
でもテクニックより、縁あって夫婦、二人の生き方をごっちゃにしてベストを導こうとすると
話の糸口も見つけられそう

-------------------------------------

以上です。


(稀)

« ろ過システムを調べてみる | トップページ | アクション企画「原発いらない福島の女たち」 »

コメント

EX-SKF-JPのPOSTから辿り着きました。
私などは50過ぎのオッサンなもので、いわゆる寿命ということを考えると自分自身のことよりも(既にそれなりには人生を謳歌させていただきましたし(^_^;))、今さしあたってすべきことは『後の世代に対処するためのデータや資料を残すこと』かと思っています。

昨年は『子供が生まれました〜』という会社の後輩が多く、育児ストレスの最中となっている人間に原発問題をどう伝えていけばよいものか悩みっぱなしです。
『機械ヲタ』だと認識されているんで、『こんなんゲットしたぜ』と見せびらかすという形で『ほら、今の空間線量はコレコレなんだけど、本来は○×くらいってのが基準値なんだよん』とスットボケながら言うくらいで、相手から何か聞いてきたら答えるって感じです。

他には、結婚したての姪っこに『機械ヲタの叔父からのプレゼント』でOpen Geiger Projectのガイガーカウンタを押し付けて『今日のお洗濯指数情報として湿度計を見る…みたいな感じででも眺めてなさい』ってとこですね(^_^;)

ヘタな言い方すると逆に反発しそうなんで、危機管理情報(^_^;)の伝え方には、やはり苦労しますね(T^T)

プレッシャーは多いと思いますが、ネクタリーナさんやお友達の方々、あまり自分を追い詰めすぎないでガンバッてください。

CrowGokiさん 
コメントありがとうございます! 
わたしもオバハンですよ、年は言いませんがね(笑) 
CrowGokiさんだって、まだまだ人生は十分にあるではないですか! 
もうすでに健康被害があちこちで出ているようですし、気をつけるに 
越したことないですよね~。 
 
そうなんですよね、放射能の危険性を言いたくてもその人が必死で 
生活していると無理のある場合もあります。目の前のことを頑張る 
人には認識しにくい問題ですものね。相手に伝える方法としては 
あまりにも真剣というか思いつめた言い方は引かれることが多い 
と思います。宗教みたいだとか、頭おかしくなったのか?とか(汗) 
CrowGokiさんのように気軽な感じで言ってみて、反応してくれた人 
にだけ更に話すのがベストでしょうね。 
 
姪っ子さんラッキーですね、無料でガイガーゲット(笑) 
姪っ子さんを気遣う、良い叔父様ですね。ガイガー使ってくれると 
良いですね~。 
 
はい、とりあえず近しい人たちには一応注意はしたので、あとは 
その人たち個人の問題なので仕方がありませんものね。 
やっとそう思えるようになりました。長かったですわー。

家も夫が理解してくれないですね…。
しかも夫は食いしん坊で、ミルク系統の料理や乳酸菌飲料、お菓子も大好き。魚を食べて育ったので定期的に魚も食べたくなるらしい…。
「放射能対策は我慢なんだろ!?嫌だ!」って言われています。ちょっとくらい食べても問題ないって思ってるみたいなんですよね。

夫の体が心配で、乳酸菌飲料の原料の原産地をメーカーに問い合わせたことを伝えたらキチガイ扱いされましたよ。(~_~;)

レトルト離乳食で震災前に作られたものをお店で探していたら、夫から「うわ…気持ちワルッ…」発言もいただきました…。

「私も多少はベクレれてるものは食べる事もあるでしょう。外食せざるを得ない時もあるだろうし…。」と夫に言ったことがきっかけで、
外食時に夫から海老を「ほら、食うんだろ?食えよ」と嫌がらせまでされてます…。
だから、押し付けはしないで(今までもしていないんだけどな…。)外では好きなように食べてもらってます…。
(家では私が作るから西や海外の材料になるので)

なんとか私の料理スキルを上げて、夫にお家ご飯が一番イイ!って言ってもらえるように頑張らねば、と思ってお料理勉強中です。

そしてデトックスになるようなものもコッソリ食べさせようかなと企んでいます(笑)

そして数年後に放射能が大問題になってる頃に「あれ?俺お家ご飯を美味しく食べてたけどそんなにベクレてなかったな〜ワハハッ」なんて言ってもらえる未来になったら良いな〜と思いながら頑張ってる毎日です。(^-^ゞ

ですがやっぱり夫から理解を得られない毎日は私も結構辛いですね…。

ですが数日前には海外産のカレーペーストを使って作ったカレーで「人生で一番美味いカレーだ!」との言葉を夫の口から頂いてやりました
( ̄∇+ ̄)

この調子で、食いしん坊な夫を美味しくてベクレてないご飯の方向へ向かせてやろうと企みは膨らむばかり。(笑)
馬にニンジン作戦です(笑)
ブログで書かれていた褒め殺し作戦私も使ってみますね♪
( ̄ー ̄)b
なんだか書きたいことがめちゃくちゃになっちゃいました。お互い、夫を良い方向に向かせるためにマイペースでも頑張っていけたら良いですね。

rariikumaxさん 
え~またお返事が遅れましてどうもすいません(;´Д`A 
あ、だんなさまやっぱり食べ物我慢するなら死んだ方がマシ派ですかね? 
ウチもなんですが、友人のだんなさまも同じ。男って・・と呆れます(笑)だんなさま口に出して気持ち悪いなどとおっしゃるんですかΣ(゚□゚) 
そ、それはキツイですね、ウチは口にはあまり出しません。が、心の中では「おかしいんちゃうか」と思ってるのがわかります。 
相手のことを思いやって、いろいろ言ったりしているのに、本当に悲しくなりますよね・・。 
rariikumaxさんはえらいですねー、わたしもこのあいだまでは同じ気持ちで 
頑張ってましたが、あまりに聞いてくれないので「もうどうでもなればええわっ」と諦め気味になってきてます(;´д` ) 
本人が危険なことを自覚してくれないと、何を言ってもうっとうしいと思うんでしょうね。現実を受け止めることができない人は困りますね・・。 
 
rariikumaxさんは愛があるみたいなので、気長に頑張って下さいね。 
ウチはもうビミョ~~~な感じですが(笑)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1537441/41986279

この記事へのトラックバック一覧です: 夫の理解がない・無関心と思う奥様達へ:

« ろ過システムを調べてみる | トップページ | アクション企画「原発いらない福島の女たち」 »

無料ブログはココログ