更新しました

健康系サイトへのリンク

原発関係の本

3人のつぶやき



« 9・19「さようなら原発集会」 | トップページ | ろ過システムを調べてみる »

2011年9月24日 (土)

日本の食品汚染の現実by稀

私が子ども未来・愛のブログで書いた記事のコピペです。


海外では日本の食料汚染の隠蔽が「犯罪レベル」であると報道されているようです。
知らないのは日本でテレビから情報を得ている人たちだけです。

以下はマイミクさんに教えてもらった記事。どうぞ。


---------------------------------------------------------

東北文教大松田浩平教授:国の暫定基準値の500Bq/Kgは全面核戦争時の食物の汚染上限


【食料生産者の皆さんへ】国の暫定基準値の500Bq/Kgは全面核戦争に陥った場合に餓死を避けるためにやむを得ず口にする食物の汚染上限です。もしも放射性セシウム137が500Bq /Kgも含まれた食品を3年食べたら致死量に達します。全てが基準値ぎりぎりではないとしても重複内部被曝を考えれば政府の暫定基準値では10年後に半数以上の国民が致死量以上に内部被曝する可能性が95%を超えます。つまり暫定基準500Bq/Kg未満で安全宣言すると言うことは、その食品を食べた人が 10年後に半数は死亡してもかまわないと言っているのと同じだと言うことを忘れないでください。

追記、500Bq/Kgでやむを得ず食べる場合の期間は3ヶ月とされています。全面核戦争で食べ物がない場合の基準が規定の2倍の期間も放置されています。

---------------------------------------------------------

以上転載。

もうすでに、500Bq/Kgの暫定基準値になってから半年が過ぎています。
そして、この基準値さえ超えた食品が、
ザルの目をくぐり、全国へ出回っています。

スーパーに食品を買いに行っても、ベクレル表示がないため、
結果的に、西日本のものを買う。

もしかしたら、買うのを避けている野菜達にも安全なものはあるのかもしれません。
また、安全だと思って買っているものが、汚染されている可能性もあるのです。

ですが、それを判断する術は、今はないのです。
安全なのに食べてもらえない野菜達、それこそが風評被害かと思います。

国が思い切って、全ての食品にベクレル表示を義務付けたら、
風評被害はなくなるのかもしれません。

でも、今の政府は隠すことに躍起になっています。

では、どうやって自分や家族を守っていくのか?
自分達で食品や腐葉土など、測っていくしかない。

放射能なんでも調べ隊は、そんな想いから生まれたものです。

ご賛同いただける方を募集しています。
よろしくお願いいたします。

また、農家の方などで、堆肥や腐葉土に不安をお持ちの方がいらっしゃいましたら、
子ども未来・愛ネットワークまでご連絡をいただけたらと思います。
ガイガーカウンターを持って、測定に参ります。

どうぞよろしくお願いいたします。

« 9・19「さようなら原発集会」 | トップページ | ろ過システムを調べてみる »

放射能対策 食品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1537441/41960520

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の食品汚染の現実by稀:

« 9・19「さようなら原発集会」 | トップページ | ろ過システムを調べてみる »

無料ブログはココログ