更新しました

健康系サイトへのリンク

原発関係の本

3人のつぶやき



« 7/10津山デモ告知文 | トップページ | デモの感想、、ではなく、色々思ったこと。稀 »

2011年7月12日 (火)

津山デモ 報告 チェリ子の感想

スタートする公園には50人くらいの人が集まっていたでしょうか。
発起人の方に始まり、音響を持って全国のデモに参加しているという大阪の男性、「放射能のゴミはいらない!県条例を求める会」の人、1925年生まれのおばあさんなどなどがあいさつをされました。

特に、戦争体験者のおばあさん、すごかった。
明るくてハイテンションで、でも原発を止めることができなかったと嘆いておられた。
私はずっと原発のことに無知で無関心でいたけど、必死で止めようとしていた人がたくさんいたんだなとしんみりしてしまいました・・・。

行進が始まると、これまたかなりの高齢なおばあさんが踊りながら手を振ってくれたり、がんばれよ、という目線を送ってくれていた人もいました。
私は気がつかなかったけど、途中から参加してくれた人が多数いたようです。
最終的には倍くらいの人数になっていたんじゃないのかな。

もちろん「何やってるのこの人達?」という風に異様なものを見るような視線や、全く目を合わそうとしないというか、私たちのことをわざと見ないようにしている人もたくさんいました。

基本的にあんまり人通りがなかったですが、たまに人や車がたくさんいるところに行くと、皆より大声で原発を今すぐ止めろ!と叫びました。
私はそういう声を上げること自体は平気なので、一人でも叫んでいましたが、やはり普通はそういうことをするのには抵抗があると思います。
でも、皆で叫んで一体となることで、「ああ、こいつら一生懸命主張してるんだな」というのは伝わったんじゃないのかなと思います。
わからんけど。

デモって一体どういう意味があるのか?
デモしたからって政府や電力会社の人達の心が変えられるとは思えないし、街で見ている人達に原発のことを考え直してもらえるようになるかはわからない。
第三者に与える影響は小さいものかもしれない。
でもだからといって、「原発はいらない」「自分の身を守って」という主張はできる。
内にこもって何もできないというストレスも少しは発散できるかもしれない。

そして、集まって知り合った人達とこれからどうするか、今こう思ってるなど、色々話をすることができる。

いろんな年代の人がいたけど、今回も若い人が多かった。
小さい子供づれの人も多数いたし。
いろんなタイプの人間がいても根源的な命を奪われるかもしれないという恐怖は同じことです。
なので、一緒にがんばれるんじゃないでしょうか。

デモだけじゃだめだとは思うけど、デモも一つのアプローチの仕方だと思うので、やるときには一生懸命やりたい。
同じ主催者の人が毎週企画、というのは無理でも、いろんな人が企画して、しつこくしつこく毎週でも毎月でもデモをしていったら、少しは何か変わるんじゃないだろうか??と稀と話したんだけど、どうなのかなぁ?
「ああ、またやってるわ」って流されたりするのかなぁ・・・。
デモは暴動じゃないんで、危ないものでも、恥ずかしいものでもない。
(不当逮捕されたという事件もありました。逮捕だけはされないように気をつけねばです)
だけど参加するにも、誘うにも少し勇気がいるものではあると思う。

これからも少しでも多くの人に集まってもらって、私たちの命や生活を台無しにするのを止めさせたいですね。
デモがあるときには、参加しようと思って来なくてもいい、どんなものか見に来てほしい。
見て、一緒に加わりたいと思ったら参加してもらえたらうれしいです。

« 7/10津山デモ告知文 | トップページ | デモの感想、、ではなく、色々思ったこと。稀 »

原発反対デモ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1537441/40780539

この記事へのトラックバック一覧です: 津山デモ 報告 チェリ子の感想:

« 7/10津山デモ告知文 | トップページ | デモの感想、、ではなく、色々思ったこと。稀 »

無料ブログはココログ